Kazumi流 www.kazumiryu.jp

  • Companion Animal
  • Kimono
  • Solitude
  • Link
  • English
  • Gallery
  • Blog
  • Profile
  • Kazumiryuとは?

Kazumi流 Blog

Kazumi流 津田 恵子 オフィシャルブログです。
Solitude(ソリテュード)、きもの、コンパニオン・アニマルについての話題をお届け。

「きものの魅力・魔力・威力」の魔力!に負けて散財!

2009-06-13 17:21:32

銀座を歩くと、必ず立ち寄る場所のひとつが「やまとや」。
コアビルをすぎ、松坂屋に向かう途中にある小さな間口の
細長いお店には、どもれこれもほしくなる草履が一杯。

Kazumi流の「上品で凛」とした佇まいを仕上げるにはぴったり。
立ち寄るたびに、手にとり、足にあててはため息をつく。

草履は小判型より、細見が好みである。
脱いだ時の姿が、やはりほっそりとしているのが良い。

「やまとや」さんの特徴は、その巻きの美しさにある。
ヒールの高さは様々にあるが、少しおしゃれに6cmほどのヒールに
10段の細い巻きが重なるデザインは、立ち姿が際立つ。
さらに、いろいろな草履をはき比べた結果、履き心地も抜群。

わたしが「スニーカー草履」と名づけた、スニーカーをはく人を追い越す
スピードで歩けるウレタン草履に匹敵するほど、速く歩くことができる
(きもので、そこまであせって歩く必要があるのかと問われそうだが)。

と、そのお店に先日来、気になっている草履がある。
実は、一目ぼれ。
日は経っても、やはりほしい。
再び、お店に足をはこぶ。
「あった!」
手にとり、店外にもちだし、陽ざしをあててみる。
繊細な巻きだけでも素敵なのに、その色たるや白をベースに赤白の半分づつになっている。
職人技術も高いものが要求されるそうで、受注発注。

和装の醍醐味にひとつは、そこにストーリーがあること。
そしてそのストーリーを具現化する技術力が裏方に存在することである。
しかも、その職人さんは目下入院中だとうかがった。

それを聞いて、決心が固まる。
「頂きます。どれだけ日数がかかっても待ちますからお願いします」
48300円のその草履。

職人さんの回復を祈りつつ、その日を首を長くして待つのも和の楽しみ。


写真1:一目惚れ草履の横
2009JUN12草履.JPG
写真2:後ろからみると、白赤の巻きの技がよくわかる
2009JUN12草履b.JPG

固定リンク | コメント(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する | by @kazumiryu

▲ページトップへ

<<14歳、ゆかたに出合う②  |  London凱旋公演!蜷川幸雄「十二夜」 >>

記事検索

アーカイブ

カテゴリー

<< July 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

Copyright © 2009 - 2015 Kazumi流 ふだんきもの All rights reserved. 許可なく転載を禁じます 東京都公安委員会許可 第302150507614号 衣類商 (有)ケイテックス